☆ぬる~く日常ご飯を日々考えてるブログです!☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何回か作っていて、自分の中でいろいろ疑問が出たので
解決すべく調べてみました。
このポイントと理屈が分かればアレンジは無限大だと
思うので見てみてください~


最高高さのパウンドケーキを目指してwww

・砂糖をバターにすり混ぜるわけ
 うちのレシピでですがBPを入れないので変わりにバターに空気を入れて膨らまします。
 油に砂糖は溶けないので砂糖の粒がバターの中に空気を取り込みやすくしてるのかな?と
 解釈の元、すり混ぜるとしております。

・バターと卵が分離するわけ
 知っての通り、卵は卵黄と卵白に分かれます。
 水分の量は、卵黄は約49.5%、卵白は約89%と言われています。
 バターはもちろん油でとても混ざり難いです。
 理屈からいうと卵白が原因で分離が起こると考えられますね。
 
・バターに卵をどれだけ入れれるか
 これはちょっと分からないwww
 でも確実に言えるのはバターより卵が多いとダメってこと。
 たぶんギリギリのラインは同量よりちょっと下だと思います。

・で、対策ですよねwww
 ヤバくなる前に粉で水分を押さえるってことですよ。
 分離してからはダメ。先手を打ちます。
 でもここで気になるのは粉は混ぜすぎると粘るってことです。
 薄力粉はグルテンになる成分は少ないですけどゼロではないので
 量に注意しないとダメです。
 でも大さじ2くらいはそこまで粘らないみたいです。

・卵を湯煎するわけ
 これはもちろん卵が冷たいとバターと分離するからです。
 冷蔵庫から出して室温に戻したといってもやっぱり冷たいのです。
 なので湯煎でひとはだくらいに温めると混ざりやすいです。

・まず卵の重さを量る
 ことをオススメします。
 農林水産省が制定した「鶏卵の取引規格」ではMサイズは
 1コ 58~64gになります。2コでは116g~128g。
 なので粉の量は120g~130gが妥当ですね。
 卵よりちょっと粉は多い方がいいです。
 型にもよるので粉を100gって決めるなら余っちゃうけど卵は
 95g~98gで量るのがいいでしょう。

これで分離せずBPなしでもココまで盛り上がりますよ~
とにかくバターに混ぜ込む作業はめっちゃ大変ですけど休憩しながらで
いいので手でやるのがオススメ。
盛り上がったときはめっちゃ感動します!

まだまだ研究余地はあると思いますが(何ゆえここまでwってですがwww)
お菓子は化学ですよね!

気がついたことがあったら追記していきます~




レシピブログに参加してます~
もし気に入ってポチっとしていただけたら励みになります~








管理者にだけ表示を許可する

Ravelry

ravelry banner

プロフィール

羽月

Author:羽月
消費できる趣味ってことで料理に没頭中w


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。